読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

絵空事の切れ端

                        好きなものは好きって言おう

憧れる者と憧れられる者(劇場版アイカツ!感想)

 先週の土曜に舞台挨拶のチケットが取れてしまったので(まさか取れるとは思わなかった)、劇場版アイカツ!の封切りである昨日観てきました。
 スタッフやキャストの皆さんの愛が詰まった、そして星宮いちごのアイドルとしての集大成がこれ以上なく描かれた素敵な作品でした。自分も感極まって色々こみ上げてくるものがありました。劇場アニメ化を聞いて公式サイトの無料配信で追ってきて早五ヶ月経ちましたが、アイカツ!という作品に出会えて良かったと心から思えました。


 ということで、感じたことをつらつら書いてみようと思います。もちろんネタバレを多分に含みますので、まだ観てない人は要注意。


 神埼美月から星宮いちごへ。そして星宮いちごから大空あかりへ。
 憧れを追いこして託されるバトン。憧れを受けて託すバトン。このアイカツ!は世代を次いでどこまでも『繋がり』のドラマを大事にしてくれる作品だなと改めて思いました。映画を観た後だと「SHINING LINE*」の歌詞が今以上に胸に沁みますね。
 この劇場版「大スター宮いちごまつり」はあくまでいちごのアイドルとしての集大成を描いたものではありますが、美月さんとあかりちゃんにも大きくスポットが当たっていて、そんな憧れで繋がった三人が同じステージに立っての「Let's アイカツ!」は一番の泣き所でした。感無量とはまさしくこのこと。美月さんとあかりちゃんの絡みも貴重なので見られて嬉しかった。二人をアンコールへと送り出したマスカレードの言葉も胸が熱くなるし、瀬名くんがあかりちゃんのために新しいプレミアムドレスをちゃっかり仕上げていたのもカッコよかった。天羽さんはめっちゃギリギリだったのにね。それ以上に3期で登場した瀬名くんにこんな見せ場があったのが驚き。


 今回の劇場版はソレイユファンとしても申し分ないと思います。
 いちごまつりのプロデューサーをあおい姐さん、衣装コーディネートを蘭が担当することに対して、それぞれ多忙の身であることも手伝って申し訳ない気持ちをいちごが吐き出したときの二人の「それ以上言わせつもりかい?」という温かなやり取りはとても良かった。そしていちごまつりを成功させ、晴れてアイカツランキング1位となったいちごを二人が抱きとめるシーンときたらもうね! ずっと側でいちごを見てきた二人だからこそ、喜びも大きいはず。それを思うとこっちまで泣けてくる。ソレイユ結成のエピソードが大好きなので感慨もひとしお。
 また今週分のアイカツ!(第112話)は劇場版とリンクしたお話なのですが、劇場版を観た後だと「これがこうなってたのか〜」と新たな発見ができたのもよかった。ソレイユの活躍を見てあかり、スミレ、ひなきの三人が「私たちもいつかああなれるかな」と気持ちをひとつにするところも、強い憧れからの言葉なんだよなーと思うんだよね。


 普段は衣装にまつわるエピソードが主になっていますが、この劇場版では曲作りに重石が置かれていて、そういう意味ではなんだか新鮮に感じました。特別なステージだからこそとっておきの新曲を用意したい気持ちから、涼川さんを介してシンガーソングライターの花音に曲作りを依頼することになるのですが、この出会いでアイドルを辞めると言った美月さんへの気持ちを再確認するのもよかった。自分の恋にまつわる曲しか作ってこなかった花音がいちごの憧れを「恋のようだ」とたとえたり、「一人に絶対に伝えたい気持ちは、ファンにも伝わる」というセリフも印象的。そんな経緯でできた「輝きのエチュード」は本当に名曲で、ライブの演出も素晴らしかった。
 そしていちごにトップアイドルの座を託し、アイドルを辞めると思われた美月さんが、このステージを経て追いかける立場としてアイカツを続ける選択をしたのがとても熱かった。トップに君臨し続けたゆえの悩みは美月さんらしいと思いつつ、追いかけてくる存在がいて初めて高みへと上ってゆけるというくだりは「Take Me Higher」の歌詞を思い出しました。この曲大好きなんです。
 憧れから始まった夢のステージでついトップへと上りつめたいちごから、「ゆっくりでもいいから、ここまで来てね」とマイクを託すシーンもすっっごくよかったです! それを受けたあかりちゃんの表情もいいし、憧れの先輩にそう声をかけてもらうのはどんなに嬉しいことなんだろうと考えると、温かい気持ちになりました。件のマイクが3期のOPであかりちゃんが握っているものだと、舞台挨拶での監督のコメントで初めて気づきました。そんな小ネタがあったとは。


 監督とキャストによる舞台挨拶も盛り上がりました。
 諸星すみれさんの「フフッヒ」と田所あずささんの「穏やかじゃない!」が生で聴けたのはなによりの喜びです。大橋彩香さんはモバマスライブだけならずここでも「大橋彩香役の〜」と言いかけていて噂に違わぬへごっぷりでした。
 そんなこんなで思ったよりも長くなってしまいましたが、見どころ満載な劇場版アイカツ!の感想でした。もちろん書いてないところにも魅力はたくさんあるので、アイカツ!ファンなら絶対に観た方がいいです。すぐにでも2回目観に行きたいです。劇場版第2弾もあるらしいので、そっちも楽しみ。


 以上、アイカツ!は尊い。