読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

絵空事の切れ端

                        好きなものは好きって言おう

にこ先輩がずっとカーディガンを着てる理由を考える(ラブライブ!感想)

アニメ感想

 この前新年迎えたと思ったら、いつの間にやら新年度になってたってことでまったく時間が経つのが早くて困る。本当に……。
 まあ悔いても仕方ないし、記憶が新しい内にラブライブ!の感想でも書こうかなと思いました! アニメから入ったけど、もうホント言葉に尽くせないくらい好きになってる自分がいました。


 結果から言えば冬期でトップクラスにおもしろかったし、特に終盤の盛り上がりとか、二年生組の人間模様とか、「START:DASH!!」に込められたそれぞれの思いとかこれからのμ'sの抱負を考えると目頭が熱くなったこともありました。
 あまりの高みに主人公が挫折しそうになったり、初期メンバーが脱退しそうになったり、メンバー同士がぶつかってμ's自体が瓦解しそうになったり、あくまで学校の中での『部活』というスタイルを崩さず『ラブライブ!』という全国大会みたいな目標まであると、おれの中では「あ、これスポ根じゃん!!」って思いが揺るがないんですよね。スポ根は今でも大好きなジャンルなので、ラブライブ!のことが好きになった理由としてはそれが一番大きいのかなって思ったりしました。
 あと「ひとつのライブに繋がるまでのドラマ」をしっかりと描いてくれたのもあるかも。おれがこのアニメに求めていたものが結構そういう過程だったりするので。
 今回が「音ノ木坂存続編」とするなら、第2期はもちろん「ラブライブ!制覇編」ですよね!?


 ところで、おれがこのアニメで好きになったキャラに矢澤にこという人物がいます。メンバーでもっとも小柄でプライドが高く普段は偉ぶっているんだけど(事実上級生ですが)、それだけアイドルにかけての情熱もあり、表には出さないけどそのための努力も惜しんでこなかったという中々尊敬に値する先輩キャラです。
 それで、作中の季節が春から夏に移り変わっていき、各キャラも冬服から夏服に衣替えしてるんですけど、このにこ先輩だけはブラウスの上にずっとピンク色のカーディガン着てるんですよね。

 気づいたのは最終回間近で、まあぶっちゃけほんとに何気ないことなんだけど、一度気になったらなんかずっと気になってしまったので、ちょっと自分なりに理由を整理してみました! すべて憶測の範囲です! 公式のどっかにちゃんと理由が明記されてるならおれが見落としてるだけだし、それに越したことはないです。むしろ答えを教えてほしいくらいなので……。


リスカ経験アリ説
 上のツイートではまあネタの範囲で言っただけなんですけど、結構苦しい思いもしてきたみたいだしって感じで。まあ実際は私服だとふつうに半袖だし、水着も着てるし、アイドルの衣装では腕も丸出しだしありえないですよね。というかこんなこと言っといてなんだけど、おれ自身があってほしくない。でも貧乏属性は萌える。


>寒がり説
 例えば音ノ木坂高校の校舎内が冷房効き過ぎで耐えられない、とか。でもさ、カーディガン着てるってことはその下は長袖のブラウスってわけじゃん。どんだけ寒がりでも夏真っ盛りにそれで外出は暑くないか……(阿知賀編のお姉ちゃんは特例)って気がするし、特別寒がりって描写も見なかったし、冷房ガンガンだったらもうひとりくらい厚着しててもいいと思うんだよね。だからこれもなさそう。


>体型コンプレックス説
 悪く言えば幼児体型のにこパイセン(だがそこがいい)。年の割に出るとこも出ない自分の体が嫌で、少しでもそういうイメージを軽減させるためにわざわざ暑いのを我慢してカーディガンを武装している、みたいな。不特定多数に見られる学園内に限ったことで、μ'sのみんなには心を許してるからノースリーブも水着も全裸もオールオッケー!的なスタイルなのかなとか思いました。でも体型にコンプレックスあるんだったら本気でアイドルなんて目指さないよな……とかも思いました。むしろロリキャラを武器にしている感があるし、そうじゃないとわざわざ「にっこにっこにー♡」なんて18歳がぶりっ子しないでしょ。モバマスにも明らかに世代がアラサーだろお前って人が堂々「ウサミン星出身です!」ってキメ顔でいうアイドルもいるし。


>あざとい説
 カーディガン女子は無条件であざとかわいい。トレードマークにもなるし、無期限萌え袖でファンのハート狙い撃ち的な。おれ自身もカーディガン女子はすごく魅力的だと思うし、実際勝手に目がいくのでこれが一番濃厚だと思います。多少の暑さを我慢していてもファンサービスを忘れないにこ先輩の粋な計らい・努力の一環だと思うと理解もできるしね。まあ実際、ビジュアル的にもあざとくなってるよね。


 そんな感じです。ほんとに楽しいアニメだった。